映画マガジンオンライン

映画マガジンオンライン 映像コンテンツの最新ニュースとレビュー

9月25日から開催されているSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2021は、10月3日に9日間の会期を終え、同日午後3時から授賞式をオンラインで開催する。埼玉県川口市のSKIPシティ彩の国ビジュアルプラザからYouTubeライブでの配信を行い、最優秀作品賞ほか各賞を発表する。審査員と海 ...

ダリオ・アルジェントはイギリスの映画監督・写真家シャーロット・コルバートの初長編映画『She Will』にエグゼクティブプロデューサーとして参加する。2021年9月21日付Dead Line .comが報じた。アルジェントは自身が生涯功労賞を受けたロカルノ映画祭でこの映画を見たという ...

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2021が9月25日(土)から10月3日(日)の9日間に渡ってオンライン配信で開催される。24作品を動画配信サイト「シネマディスカバリーズ」で鑑賞することが可能だ。 《国際コンペティション》では10作品がノミネート、すべて日本初上映今年の国際 ...

10月30日(土)から11月8日(月)まで開催される第34回東京国際映画祭はこのほど、コンペティション部門の審査委員長をフランスの女優イザベル・ユペールに決定したと発表した。一昨年のチャン・ツィイーに続き、女性の審査員長となる。その他の審査員(全5名予定)について ...

映画監督ダリオ・アルジェントの作品を研究する団体であるアルジェント研究会が主催する「アルジェント研究会15周年記念大会」が2019年8月17日(土)に東京・亀戸のカメリアホールで開催される。2004年に結成された同研究会の15周年を祝し、オペラコンサートやドキュメンタリ ...

パオロ・ズッカ監督の『月を買った男』は、監督自身の生まれ故郷であるサルデーニャ島を舞台に、スラップスティックな笑いとシニカルな風刺が同居するコメディーである。サルデーニャ島の誰かが月を所有したという未確認情報が世界中の諜報機関を駆け巡る。真偽を確認するた ...

エマヌエーレ・スカリンジ監督のデビュー作『アルマジロの予言』は、イタリアで人気の漫画家ゼロカルカーレの作品を原作に、今の若者が生きる日常をアイロニーとユーモアで包んだ。ゼロは、ローマ郊外在住の27歳。イラストレーターだが定期的な収入はなく、アルバイトで生活 ...

[2018/92分]原題:Nome di donna監督:マルコ・トゥッリオ・ジョルダーナ Marco Tullio Giordana出演:クリスティアーナ・カポトンディ、ヴァレリオ・ビナスコマルコ・トゥッリオ・ジョルダーナ監督の『女性の名前』は、セクシャル・ハラスメントをテーマに、権利と尊厳を ...

ルカ・ミニエーロ監督の『帰ってきたムッソリーニ』は、かつての独裁者ムッソリーニが現代のローマによみがえったことから巻き起こる騒動を描く。売れない映像作家が、復活したムッソリーニをカメラに偶然収めたことから、彼を主役にしたドキュメンタリー映画を制作しようと ...

↑このページのトップヘ