映画マガジンオンライン

映画マガジンオンライン 映像コンテンツの最新ニュースとレビュー

山形国際ドキュメンタリー映画祭事務局は21日、隔年で開催している山形国際ドキュメンタリー映画祭の次回の開催期間が2019年10月10日(木)から17日(木)までに決定したと発表した。9月1日から作品募集を開始する。(2018年8月21日)(矢澤利弘) ...

戦前から戦後の広島・呉を舞台にした片渕須直監督のアニメ映画『この世界の片隅に』の野外上映会が18日、広島県広島市中区基町の中央公園西側の河岸緑地「基町ポップラ通り」であった。片渕監督と声優の尾身美詞さんによるトークショーの後、観客たちは河岸の緑地に張られた ...

 世界で活躍する五嶋龍のバイオリン・リサイタル2018「忘却にして永遠に刻まれる時」が5日、広島県三原市芸術文化センター・ポポロであった。知名度や人気度の高さにも増して、曲の表現力は非常に高い。空手3段という鍛え上げた肉体から放たれる音は、体幹の強靭さを感じさ ...

子どもたちが自分で台本を書き、無声映画の活動弁士の体験をする夏休み活弁ワークショップが28日、広島県の広島市映像文化ライブラリーであった。小学校3年生から中学校1年生までの8人が3チームに分かれて無声映画の活弁に挑戦した。参加者は題材となった『海の水はなぜから ...

終戦直後、広島各地で演奏され、廃墟から復興に向かう人々の心の支えとなったクラシックの名曲を演奏するコンサートが22日、広島市の広島文化学園HBGホールであった。指揮は園田隆一郎、管弦楽と合唱団はこのコンサートのために組織された市民が参加する「平和を運ぶオーケス ...

埼玉県川口氏で開催されていたSKIPシティ国際Dシネマ映画祭では22日、クロージング・セレモニーがあり、授賞式が開催された。国際コンペティションの最優秀作品賞にはアメリカ映画「ナンシー」(監督:クリスティーナ・チョウ)が選出された。各賞の結果は以下の通り。*国際 ...

もしあなたが映画祭のプログラマーだったなら、この映画を自分の映画祭で上映したくて仕方がなくなるだろうし、もしあなたが配給・宣伝会社の人間だったなら、自分の会社で配給したくてうずうずすることだろう。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭国際コンペティションの1本として ...

第6回グリーンイメージ国際環境映像祭の作品募集がこのほど始まった。テーマは環境、2014年以降に制作された作品で、制作者の在住する国・地域、作品の時間は問わない。応募締切は、2018年9月30日(日)。第6回グリーンイメージ国際環境映像祭は2019年2月に開催予定。最新の ...

ベルリン交響楽団が来日し、日本各地で全16回のツアーを行っている。12回目となる公演が1日、広島県東広島市の東広島芸術文化ホールくららであった。チケットは完売となり、音楽の本場であるドイツ・ベルリンのオーケストラの演奏を楽しみに1200人を超える観客が集まった。  ...

愛おしい人と旅をするのはなんて楽しいことなのだろう。それが幻影であったとしても。マーリス・マルティンソーンス監督のラトビア映画『ふたりの旅路』は、あることがきっかけで自分の殻に閉じこもってしまった女の心の旅路を描く。桃井かおり演じるケイコは着物ショーに参 ...

↑このページのトップヘ