映画マガジンオンライン

映画マガジンオンライン 映像コンテンツの最新ニュースとレビュー

 バイオリンの川久保賜紀をソリストに迎え、指揮・川瀬賢太郎、管弦楽・東京フィルハーモニー交響楽団によるコンサート「スーパーソロイスツ」が30日、東京都渋谷区のオーチャードホールであった。 プログラムは、チャイコフスキーの「アンダンテ・カンタービレ」、プロコ ...

 指揮者なしでの交響曲の演奏。メンバー33人は全員男性、オールブラックのいかつい服装だ。「篠崎史紀の3大交響曲演奏会、マロオケ2018船橋公演」が28日、千葉県の船橋市民文化ホールであった。 マロオケの正式名称はドイツ語で「Meister Art Romantiker Orchester」(マ ...

 22歳の若きバイオリニスト山根一仁が、ソリストとして広島交響楽団と共演し、チャイコフスキーの「バイオリン協奏曲」を熱演した。 広島交響楽団の廿日市定期演奏会が22日、広島県廿日市市のはつかいち文化ホールさくらぴあであった。指揮は、広島交響楽団終身名誉指揮者 ...

バイオリニストの高島ちさ子とフジテレビアナウンサーの軽部真一がプロデュースするクラシックコンサート「めざましクラシックスin呉」が15日、広島県の呉市文化ホールであった。シューベルトのオペラ「魔王」を熱唱した軽部アナウンサーの歌のうまさが強烈に印象に残ったコ ...

コミュニティシネマセンターは3日、2018年の全国コミュニティシネマ会議を9月28日(金)から29日(土)まで山形県山形市で開催することを明らかにした。山形市は、2017年11月に、ユネスコの創造都市ネットワークに、映画分野で国内初めて加盟している。コミュニティシネマ ...

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018は18日、グランプリに西口洸監督の『EDあるいは(君がもたらす予期せぬ勃起)』を選んだ。審査員特別賞は『温泉しかばね芸者』、シネガー・アワード(批評家賞)は『キュクロプス』、北海道知事賞は『キュクロプス』が受賞。インタ ...

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018で16日に上映されたリム・ジンスン監督の『パズル』は謎の美女に翻弄される男をめぐるサスペンスアクションである。才能と財力に恵まれた男・ドジュン。しかし海外留学中の娘と、娘に付き添い移住した妻と離れて暮らすうち、妻に対 ...

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018で16日に上映された矢川健吾監督の『穴を掘る』は、男たちがひたすら穴を掘る映画である。何のために男たちは穴を掘る勝負をしているのか。そもそも勝負をしているのだろうか。ルールはあるのだろうか。一切の説明不在のまま、映画 ...

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018で16日に上映された西口洸監督の『EDあるいは(君がもたらす予期せぬ勃起)』は、母親の裸をみて勃起したことが原因でED(勃起不全)になってしまった少年の悩みと美少女転校生との短く淡い恋愛を描いた作品だ。この映画を作ったきっ ...

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018で16日に上映された阪元裕吾監督の『スロータージャップ』は、見る人が見れば大傑作。だが多くの人々にとっては最低最悪のトラウマを残すような作品になるかもしれない。見る人を選ぶ映画といえる。映画の冒頭はこんな話から始まる ...

↑このページのトップヘ