映画マガジンオンライン

映画マガジンオンライン 映像コンテンツの最新ニュースとレビュー

イギリス人監督ショーン・マカリスターが山形を舞台に日本のワーキングプア層の日常生活を追った「ナオキ」は、監督自身がカメラを持ち、被写体であるナオキ及び周辺の人物をインタビューする形式で撮影されている。インターナショナル・コンペティション出品作品。ナオキは ...

(c) Film It Sp. z o.o., SPI International Polska Sp. z o.o. 2009ヴォイテク・スマルゾフスキ監督のポーランド映画「ダーク・ハウス/黒い家」は事件を捜査する現在時制と、その事件が起きた過去時制をリンクさせながら複雑な人間関係をあぶり出す。2009年東京国際映画祭 ...

(c)2009 TROTSKY PRODUCTIONS INC.ジェイコブ・ティアニー監督のカナダ映画「少年トロツキー」はコミカルな演出で包まれながらも芯の通った青春活劇である。2009年東京国際映画祭コンペティション出品作品。主人公のレオン・ブロンスタインは20世紀初頭のソ連の因習破壊主義 ...

フェルナンド・メルガー監督(撮影:2009年10月7日)フェルナンド・メルガー監督のスイス映画『要塞』は、難民としての庇護希望者を一時的に収容する施設の人々の人間模様を描いたドキュメンタリーだ。ロカルノ国際映画祭で金豹賞(グランプリ)を受賞している。難民映画祭 ...

難民映画祭。7日目の7日は午後5時からクリストファー・ディロン・クィン監督の「神は僕らを見放した」を見る。ブラッド・ピットがプロデュース、ニコール・キッドマンがナレーションを担当している。サンダンス映画祭・ドキュメンタリー部門審査員グランプリ賞受賞作品。(c) ...

難民映画祭。6日午後7時半からのドイツ文化センターの「ジェニンの心」は定刻から10分遅れで上映開始。満席状態で、立ち見のほか、最前列の前の床の上に座って鑑賞する観客も多かった。(c) 2008 EIKON Media GmbHパレスチナ自治区のジェニン難民キャンプで1人の少年がイスラ ...

(c) 2008 Magic Hour Films6日目となった難民映画祭。会場となったドイツ文化センターでは『ビルマVJ』と『ジェニンの心』が上映された。アンダース・オステルガルド監督のデンマーク映画『ビルマVJ』は2007年にミャンマー(ビルマ)で起きた反政府デモの映像を発信し続けた ...

難民映画祭。5日の午後7時半からは「ヨドク・ストーリー」が上映された。(c) 2008 Piraya Film北朝鮮の収容所から脱出し、韓国で新たな生活を始めた数名が実体験をもとにしたミュージカルを制作する。映画はミュージカルの制作風景と、脱北者の証言とを絡み合わせながら進行 ...

難民映画祭。5日目の5日はセルバンテス文化センター東京で「クロスロード」と「ヨドク・ストーリー」が上映された。アンドレア・スタカ監督の「クロスロード」は紛争で分裂した旧ユーゴスラビアからそれぞれ異なる背景を持ちながらスイスに逃れてきた3人の女性の人間模様を ...

日本初公開となるフィリップ・リオレ監督の「ウェルカム」。(c) 2009 Films Distributionフランス北部の港町。17歳のクルド人難民の青年はイギリスへ密入国しようとして失敗する。彼はイギリスに住む恋人に会いたいのだ。彼は水泳を習い始める。イギリスへ泳いで入国するため ...

↑このページのトップヘ