映画マガジンオンライン

映画マガジンオンライン 映像コンテンツの最新ニュースとレビュー

「映画の國」に連載された「映画祭ディレクターの映画祭りな日々」(矢田部吉彦・稿)の3号から8号までの骨子は以下の通りである。 映画祭にも様々な種類があり、例えば東京国際映画祭のような総合映画祭のほかに、ドキュメンタリーやスリラーなど、種類を特定した映画祭や ...

とにかくホラーのことがこんなに楽しく語られていると、なんだかウキウキしてしまいます。ホラーはわいわいと楽しみながら見るのが正解。だって、映画の中の恐怖はしょせん作り物なんですから。著者である綾辻行人さん、牧野修さんお二人の交換日記のような形式のネット上の ...

奥華子の「花火」を何度も何度も繰り返し聞いている。曲が終わるとまた初めから聞きたくなるのだ。かつて限定盤で発売され、長らく入手困難だったCDが2009年8月7日に再発売された。ライブでは時々聴くことができたが、こうして自由に何度でも聞くことができるようになった ...

前作、「ライトノベル作家のつくりかた」の第2弾というか続編である。今回もプロとして活躍しているライトノベル作家のインタビュー集を冒頭に配置し、いわゆるライトノベルの書き方指南ではなく、新人賞への応募方法などの作家デビューの方法論とデビューしてからいかにサバ ...

マニアというものはよりコアで重箱の隅をつつくような内容を求めるものだ。だが、分かりやすい内容で幅広く映画を紹介するガイドブックがあってもよい。だがら、マニアが入門書を取り上げて、「こんなのみんな知っている内容だよ」などと言ってみたところで仕方がない。 本書 ...

見開き1項目で左ページが図解、右ページが説明というスタイルで70項目に渡って資金繰りのポイントが紹介されている。まさに、パワーポイントのスライドを見ながら、実際に講義を受けているような感覚ですらすらと読むことができる。入門書とはいっても、様々な資金調達の方 ...

ちょっと興味のあるタイトルなので取り上げてみました。まだ読んでいません。『利確と損切りのタイミングを読む 成功者の投資術』 持田 有紀子 著 1680円以下が本の告知用の説明です。(引用開始) 投資をする上で、損切り(ロスカット)のタイミングを計るのが苦手な人 ...

加藤幹郎は映画祭の特徴として大きくふたつを紹介している。 広義の映画祭には大きくふたつの特徴がある。ひとつは新作映画の宣伝販売で、ふたつは旧作映画の発掘復元上映である。前者の特徴は、東京モーターショーのように新作の宣伝をかねて売り手と買い手に出会いの場を提 ...

アンドレ・バザンは映画祭について、次のように書いている。 このカンヌ映画祭に、1946年以来、ほとんど毎回《関係》してきたわたしは、そのために、この映画祭という現象が徐々に完成してゆくのを、その典礼定式書が経験に基づいて編成されてゆくのを、それが参加者の間に必 ...

本書は「ライトノベル作家のつくりかた」というタイトルになっているとおり、ライトノベルの書き方のハウトゥ本ではない。プロとして活動しているライトノベル作家へのインタビュー集である。よくある小説の書き方といった類いの本であれば、著者の方法論の押しつけとなって ...

↑このページのトップヘ