映画マガジンオンライン

映画マガジンオンライン 映像コンテンツの最新ニュースとレビュー

魅力的な設定があれば、映画のフォームはひとりでに決まってくる。 ヴァンパイアの弱点は日光。どんなに恐ろしい目にあおうとも、翌朝になれば彼らの魔手から逃れることができる。だが、白夜の反対で、冬には決して陽の昇ることのない極夜(きょくや)が訪れるアラスカの地に ...

鏡にはその前のものをそのまま映すという機能がある。だから、鏡に映るべきものが映らなかったり、映るべきものではないものが映ったりすれば、それは異常な状態だということになる。異常な状態だからこそドラマが生まれる。呪怨 白い老女 [DVD] クチコミを見る 呪怨 黒い少 ...

『ウィッチマウンテン〜地図から消された山〜』(アンディ・フィックマン監督)は地球外生物と人間の交流を描いた作品だが、3組の追われし者たちを描いている。 ドラマにおいて、キャラクターが行動するためには、何らかの理由が必要である。何かを目指す者はそれに向かっ ...

笑福亭鶴瓶が過疎の村にある診療所の医師を演じる『ディア・ドクター』(西川美和監督)は、刑事による関係者の捜査と回想時制をシンクロさせながらストーリーを進行させるというスタイルが心地よい作品だ。 ヒューマンドラマでありながらも、ある種の謎を解いていく形式とな ...

 長澤まさみ主演の『群青』(中川陽介監督)は沖縄の孤島、南風原(はえばる)島を舞台にしており、ロケ撮影は沖縄県・渡名喜島で行われた。映画を上映する劇場には撮影に使われたロケ地の地図が備えられていた。映画を見た観客にロケ地を訪れてもらいたいという意図からで ...

パスカル・ロジェ監督の『マーターズ』は先ごろのフランス映画祭でも話題になったフランスのホラーである。近年のフレンチホラーは注目に値する。この作品は痛々しい鮮烈な残酷描写が注目されているが、実はこの映画の魅力は次々と展開していくストーリーにある。突然、銃を ...

2009年3月12日に行われたアップリンクワークショップ「映画祭はどのように運営されているか!?」(講師:札幌国際短編映画祭フェスティバルディレクター/プロデューサー久保俊哉)の骨子は以下の通りであった。 SAPPOROショートフェスト セレクション [DVD]クチコミを見る ...

松浦寿輝の論考「映画と色彩」では、映画の色は人工的な記号であると説く。例示されている作品は、「未知との遭遇」「緑色の部屋」「理由なき反抗」「暗くなるまで待って」「恋のエチュード」「東風」「キッスで殺せ」「ニューヨーク・ニューヨーク」「トパーズ」「ヘカテ」 ...

松浦寿輝の論考「みずからの独身者たちによって裸にされた映画、さえも」は「a 見えるもののイデオロギー」「b 見るもの/見られるものの離在」「c 見ることの戦略へ」の3つのパートで構成されている。 aでは、映画は反動的な装置であることが説明される。bでは、スクリー ...

ジャパンファウンデーション(国際交流基金)は8月19日の午後6時半から講演会「メコン食べ物談義」を行う。講師は森枝卓士さん。森枝さんは東南アジアに造詣が深く、食文化の視点からの写真やレポートを数多く発表されている。会場は東京・新宿区四谷のJFICホール。申し込み ...

↑このページのトップヘ