IMGP6133
(会場の調布市グリーンホール、8月15日、撮影:矢澤利弘)

日本最大級の子どもたちの世界映画祭第20回「キンダー・フィルム・フェスティバル」が15日から19日まで東京・調布市の調布市グリーンホールで開かれている。15日のオープニングイベントでは、映画祭チェアパーソンの戸田恵子さんほか、中山秀征さん、内田恭子さん、ルー大柴さんらが登場した。
「こまねこ はじめのいっぽ」「モフィー」「GUS  おならで大発見!」の上映の後、戸田さんらが場内でライブで吹き替えをしながら、オーストラリア映画の「ジュリアン」が上映され、同作品のマシュー・ムーア監督と主役のエド・オクセンホールドくんが登壇した。

映画祭は19日まで。「きかんしゃトーマス」などの人気作から大人も楽しめる作品まで、バラエティに富んだ子ども向けの映画が上映される。


これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。