(修正済)鼻目玉メイン

田代尚也監督の『鼻目玉幸太郎の恋!』は、鼻の穴から目玉が出てくるという血筋に生まれた青年の恋の行方をギャグとパロディを取り混ぜて面白おかしく描く。

映画の随所に見られる一発芸的なギャグはそれなりに面白く観客を沸かせる。意図的なものだろうが、全体的に演出は荒削りであり、ストーリーもこなれていない。ただ、それはパワフルで若々しい演出力と引き換えだろう。決して悪い意味ではなく、「悪ふざけもいい加減にしろ!」と叫びたくなるような作品だ。ドタバタ的なネタがたたみかけてくる。

そこそこにホラー映画を見慣れている人々には、散りばめられた数々のパロディを楽しむことができるのではないだろうか。

ただ、あまりにも内輪受けしそうなネタのオンパレードはどうなのだろう。例えば、映画『タクシードライバー』のテーマ曲、ロイド・カウフマン、おいおい教、キリキリキリキリ・・・。少し映画ズレしたファンなら面白がるだろう。だが、映画を年に1〜2本しか見ないようなごく一般的な観客が楽しめるのだろうかといえば疑問の余地もある。次回作では練り上げた真摯な映画を観てみたい。

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015オフシアターコンペティション出品作品

(2015年2月21日午前10時、ホテルシューパロ嶺水の間)(矢澤利弘)