IMG_4299
金子雅和監督、松陰浩之さん

 
金子雅和監督の『復元師・諸川』では、30分程度の短編が2話連続して上映された。「第一話 神隠しの骨」では、遺跡から発掘された骨を復元し、独創的な学説を唱える考古学者の諸川が紹介される。かつて神隠しが相次いだと伝わる岩山にやってきた諸川は、祀られたのち打ち捨てられたイノシシの骨を見つけ、昔の姿に復元する。しかし、それと時期を同じくして、彼の二人の娘がいなくなってしまう。

「第二話 鬼の骨」は、「第一話」の数年後の物語である。鬼の伝説が残る島へやってきた諸川が復元するのは、島に住む兄弟が隠していたある秘密に関係するものだった。

もともとは、第二話が先に完成し、その前日談として第一話が作られたのだという。確かに、第一話を見なくても、第二話だけでも単刀直入にストーリーに入っていくことができる。諸川のキャラクターも生きている。主人公の復元師・諸川を演じた松陰氏は、実際に現代美術家であり、いかにもアーティストらしいリアリティを感じとることができる。

第二話が2010年に5日間、第一話は、2012年に7日間で撮影した。シリーズの続編を見たくなる作品だ。

(2015 年11月8日午後2時10分、シネマ尾道、お蔵出し映画祭2015)(矢澤利弘)