映画マガジンオンライン

映画マガジンオンライン 映像コンテンツの最新ニュースとレビュー

タグ:東京国際映画祭

中年男の恋物語。レオン・プルドフスキー監督のイスラエル映画『パリから5時間』は、タクシー運転手が息子の音楽教師に恋をするというラブコメディだ。息子とふたり暮らしのタクシー運転手イガル。息子の美しい音楽教師リナ。イガルは恋に落ちるが、リナの夫がカナダから戻っ ...

実質、ヴィンセント・ギャロの一人芝居。イエジー・スコリモフスキ監督の『エッセンシャル・キリング』は、アフガニスタン駐留の米軍に捕えられたモハメドの逃亡劇だ。主人公は雪に覆われた森をひたすら無言で逃亡する。生きるために必要な殺人を犯すのは仕方がない。全編に ...

(C)Laurel Films Company Ltd.すがすがしい青春群像劇。リー・ユー(李玉)監督の『ブッダ・マウンテン』は高校を卒業した後、ぶらぶらしている3人の友人たちの成長物語だ。3人が間借りをする大家の元歌手とのふれあいがドラマに厚みを与えている。元京劇歌手のチャン・ユエ ...

少女レイチェルが同級生の少年ふたりとともに廃線となった鉄道跡をたどる小さな冒険に出発するというコンセプトは面白いのだが。リャオ・チエカイ監督の『赤とんぼ』は、26歳になったレイチェルが当時を振り返りながら自分を見つめ直していくという構造になっているため、現 ...

©2010 「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」製作委員会©2011「白夜行」製作委員会子供の頃のトラウマと隠された過去がいかにして将来に禍根を残すか。瀬田なつき監督の『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』と深川栄洋監督の『白夜行』は過去の忌まわしい事件とその事件の ...

『カポーティ』でアカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞したフィリップ・シーモア・ホフマン監督の初監督作『ジャック、舟に乗る』は、冬のニューヨークを背景に、冴えない独身男性ジャックを含む2組のカップルの関係を描く。ホフマン自身が主演している。中年の男女の物語ゆえ ...

混沌とした状態がしだいに秩序をもつようになっていくさまは美しい。イバン・ノエル監督のスペイン映画『小学校!』は、高学歴で華麗な経歴を持つホセ・マリアという男(フランシスコ・アルフォンシン)が、美術の教師として小学校に赴任してくるところから始まる。ホセの授 ...

過去と現在のできごとを同時並行で描く構造の映画の1本。シニツァ・ドラギン監督の『一粒の麦』はコソボで売春を強いられている娘を探すルーマニア人の父親と、ルーマニアで自動車事故を起こして遺体となった息子を探すセルビア人の父親の物語だ。ふたりはドナウ川で出会い ...

過去と現在を同時並行で描く脚本構成。近年かなり多様されている手法だが、この映画では劇的な効果を生み出している。ジル・パケ=ブレネール監督の『サラの鍵』は、タチアナ・ド・ロネの同名ベストセラー小説を映画化した。アメリカ人ジャーナリストのジュリアは 1942年フラ ...

思わず涙がこぼれた。悲しいストーリーだからではない。これほどまでに完成され、崇高な作品に触れることができたゆえだろう。ジュゼッペ・トルナトーレ監督の『バーリア』は、南イタリアの小さな町の雄大な時間の流れを描いた。映画はシチリアの町バゲリーアを舞台に、牛飼 ...

フルーツ・チャンとツイ・ジエンが監督した『愛してる、成都』は、同じ都市を舞台に過去と未来の二つの変わったラブストーリーをふたりの監督がオムニバス形式で描いた。成都を舞台に、2029年と1976年のふたつのラブストーリーが語られる。ふたつのパートに共通するのは成都 ...

人間は過去を背負いながら生きている。だが、次のステップへ進むためには、何かを終わらせなければならない。殺人犯とその殺人犯に兄を殺された弟。テレビ番組の企画でふたりが対面することになる。一体彼らはどのような行動をするのだろうか。時の流れはすべてのものを浄化 ...

松江哲明監督の『ライブテープ』はミュージシャン、前野健太の演奏を74分間、1カットで撮影した。ドキュメンタリータッチで、一見すると行き当たりばったりで撮影されたようにも見えるが、実はきっちりと作りこまれた作品である。元旦の吉祥寺。ギターを持ちながら前野健太 ...

ファッション・デザイナーのトム・フォードが監督した『シングル・マン』は最愛の男性を交通事故で失ったあるホモセクシャルの大学教授が心を取り戻すまでの物語である。英国人大学教授のジョージを演じる主演のコリン・ファースの演技に尽きる。長年のパートナーだった男性 ...

松村浩行監督の「TOCHIKA」は、北海道、根室にあるトーチカを舞台に、男女ふたりだけの登場人物によって描かれるどんよりとした物語である。せりふもカットもストーリーもぎこちない。わざとそうしているのか。それとも単に稚拙なだけなのか。ごう音とともに、トーチカの暗 ...

ほぼ全編に渡って、カメラは時計回りにゆっくりとパンし続ける。フアン・カルロス・ヴァルディヴィア監督の『ボリビア南方の地区にて』は、ボリビアの首都、ラパスに住む上流階級の家族の生活と没落をアクロバティックなカメラワークで描いた。邦題は『ボリビア南方の地区に ...

ドキュメンタリーなのか、それともおとぎ話なのか。メルセデス・モンカーダ・ロドリゲス監督の『人魚と潜水夫』は不思議な作品だ。漁村で生まれたミスキート族のシンバッドはひ弱な子どもだったが、徐々にたくましく成長し、潜水夫となる。スーパーインポーズタイトルで、人 ...

セバスチャン・コルデロ監督の『激情』は本能の赴くままに行動し、人を傷つけたうえ、自滅する男の物語だ。大邸宅という閉鎖された空間で話は展開する。移民の建設作業員、ホセ・マリアはローサと恋人になったばかり。激情家のホセはローサに意地悪する近所の男たちをボコボ ...

付かず別れずというぎこちないふたりが10回目の冬を迎えて、ようやく結ばれる。イタリアのヴァレリオ・ミエーリ監督の『テン・ウインターズ』はゆっくりと成長していく男女の腐れ縁をパッチワーク風に描いた。主演女優のイザベッラ・ラゴネーゼは『見わたすかぎり人生』でも ...

ジェームズ・デモナコ監督の『NYスタテンアイランド物語』は、1つの事件に複雑に関係する3人の人生模様を描く。クエンティン・タランティーノ監督の『レザボア・ドッグズ』や『パルプ・フィクション』でも同じような手法が取られているが、こういう形式は脚本がきっちりと ...

↑このページのトップヘ